先輩社員にインタビュー

senpai4
【研究開発系】研究開発部
 本居 学(33歳)

【出身】日本大学大学院 理工学研究科・物質応用化学専攻 卒

これが私の仕事

ふっ素樹脂製品の開発に携わっています。

当社の主力製品である「ふっ素樹脂製品」の開発に携わっています。現在は主に新製品の開発に取り組んでおり、発想力が求められる毎日です。
もちろんコミュニケーション能力や計画力といった要素も欠かせません。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

自分が手掛けた試作品が、初めて出来上がったときは感動でした。

入社して、初めて私が手掛けた試作品が出来上がったときは「これを自分で作ったんだぞ!」という大きな感動を味わいました。また日常のちょっとした発見を報告したときに、上司から「面白いデータだね」「よく気付いたな」と褒めてもらったときなども、やはり嬉しいものです。
この仕事のいいところは、自分で作って自分で評価できること。しかし重要なのはやはり何でも先輩や上司に聞ける環境であることですね。与えられた仕事はすべて経験として積み上げていけるよう、選り好みせずに何でもやっていきながら少しずつ自分色を出していければと思っています。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

ふっ素樹脂加工においてパイオニア的存在の会社だったからです。

就職に関しては「独自の強みや開発のしっかりした柱を持ち、その分野のパイオニア的存在の会社」を選びたいと思っていました。ですから大学で専攻していた高分子関連のメーカーを中心に、数社の説明会に参加。その中で出会ったのが当社です。
何よりふっ素樹脂加工のリーディングカンパニーであったことが魅力でした。面接では人事担当者となごやかに会話ができ、とても楽しい時間が過ごせました。
また私の性格や本質などをうまく引き出してくれ、それを評価してくれたことも嬉しかったですね。

先輩からの就職活動アドバイス!

「かっこいいから」「興味があるから」といって多業種をむやみに探すのではなく、自分の本当にやりたい仕事を見極めてから活動してほしいですね。
今まで自分が歩んできた道から大きく外れるような業種に、いきなりチャレンジしても良い結果は得られないと思います。しっかりしたベースが自分にあれば、志望理由に説得力が出ます。あとは緊張し過ぎず、笑顔を交えながら面接官としっかり「会話」することが大切です。


ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る