株主・投資家の皆さまへ

top name

当第2四半期累計期間における日本経済は、半導体・自動車・産業機械に関連する企業を中心に製造業がけん引役となり、緩やかな拡大傾向を示しました。
その一方で、個人消費は勢いを欠く状況が続き、好調な製造業においても先行きには慎重な見方が広がるなど、危うさもうかがえる展開となりました。
また、海外においては新興国経済に持ち直しの動きが見られたものの、地政学的リスクがさらに大きくなるなど、不透明感が拭えない状況となりました。

このような事業環境下にありまして当社グループは、最終年度となる第7次中期経営計画“New Valqua Stage Seven(NV・S7)”で掲げた戦略の完遂に向けて足許の収益拡大と施策の速やかな実行を図り、加えて、将来の持続的成長を実現するための企業基盤の整備・強化を推進しました。

“NV・S7”の仕上げとなる当期、当社グループは、全社員が改めて企業理念“THE VALQUA WAY”を強く意識し、その精神に基づいた企業活動を行うことにより、ステークホルダーの皆さまのご期待とご信頼に応えてまいります。


ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る