株主・投資家の皆さまへ

皆さまに2020年3月期のご報告を申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになった方々とご遺族の皆さまに心よりのお悔やみを申し上げます。
 また、医療現場をはじめ各所で同感染症に関する治療や蔓延の防止、そして終息に向け努めておられる皆さまに篤く感謝を申し上げます。

 当期の日本経済は、第3四半期まではグローバル経済全般の停滞や設備投資の減速による影響に加え、各地の地政学的リスクへの警戒感が高まったこと等を反映して、生産と輸出の水準は低下傾向を示しました。また個人消費についても、消費増税の影響があり停滞が続く状況となりました。
 さらに、第4四半期に入りますと、新型コロナウイルス感染症の世界的な蔓延により企業の生産活動と個人消費は大きな影響を受け、景況はさらに悪化しました。

 このような事業環境下においてバルカーは、既存事業における収益力の向上と新規事業による価値の創造に努めましたが、連結売上高並びに各連結利益は前期比を下回る結果となりました。

 2021年3月期につきましては、新型コロナウイルス感染病とそれに付随する諸問題により、当社グループにとっても益々厳しい事業環境となることが予想されます。
 しかしながらそのようななかバルカーは、新中期経営計画“NF2022”のもと、足許の収益維持に努めるとともに“未来と未知に挑むチャレンジングな企業”として、今やるべきことを見定めコロナウイルス感染症収束後の経済活動の回復への貢献を強く意識し、バルカーのそして地球全体の価値創造に向けた活動を続けてまいります。
以 上
top

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る