社会貢献活動

バルカーグループは、社会を構成する一員としての責任を果たすべく、グローバルな視点で、地域に根ざした貢献活動を積極的に推進しています。より豊かな地域社会を築き、世界中の人々と感動を分かち合うために私たちは何ができるかを、私たちを取り巻くすべての人々とともに考え、自ら進んで行動していくことを推奨しています。
●世界中で取り組む社会貢献活動 「バルカー感謝の日」
 毎年秋の休日を「バルカー感謝の日」と定め、世界中のグループ会社の各事業所・拠点で、地域周辺の清掃や募金活動など、地域への貢献を目的としたボランティア活動を続けています。2014年度は、36 ヶ所、総勢1,839人で活動を行いました。
 2015年度は、地域に根付き感謝される奉仕活動を実践、継続していくために、改めて地域社会の要望を確認し、活動を見直しています。本社である大崎事業所では、毎年秋の活動を毎月の地域清掃と年2回の花植え作業に見直し、計画しています。
csr2015-21-1
街頭募金(バルカーベトナム)
csr2015-21-2
花の植栽(大崎事業所)
●震災復興支援や障がい者自立支援活動
 不要となった書籍 ・CD・DVD・ゲームや廃棄される古紙を回収し、各NPO法人に寄付する活動を行っています。その収益金や買い取り額は、東北3県(岩手・宮城・福島)の被災地を走る移動図書館の本の購入費用および障がい者自立の支援に役立てられています。
csr2015-21-3
古紙回収作業
●ユニセフ募金活動
 世界中の子どもたちの健やかな成長を願って、国内外でユニセフを通じた世界の子どもたちへの支援活動を続けています。募金箱の職場回覧や社内チャリティーバザーの実施、自動販売機のおつりを募金するなど、募金活動の活性化を図っています。
csr2015-21-5
社内チャリティーバザー
●エコキャップ回収活動
 ペットボトルのキャップを分別回収し、NPO法人エコキャップ推進協会に寄付することで世界の子どもたちにポリワクチンを贈るという活動を行っています。キャップ860個(2kg)で子ども1人のポリワクチン購入に充てられます。環境負荷低減と社会貢献の2つのメリットがあり、2011年から継続して活動しています。
csr2015-21-7
●古切手回収活動
 古切手を集めて、福祉団体「国際協力NGOジョイセフ」および「誕生日ありがとう運動本部」へ寄付する活動を行っています。福祉団体は古切手を金券ショップ・外国観光土産店・バザーなどで販売・換金して、「東日本大震災被災者女性の命と健康を守るための活動」および「知的ハンディーキャップ問題の社会啓発資金」に役立てています。
csr2015-22-1
●ボランティア活動の推進
 活動情報の共有とCSRの社内浸透を目的として、総務部が中心となって「ボランティア活動報告書」を定期的に制作し、社内イントラネットで公開しています。
 また、地域に根付いた活動として個人が行っているボランティア情報を紹介し、人とのふれあいを大切にしながら活動を拡げています。

・ 知的障がい者の社会的自立支援※
 レクレーションや体験学習のサポートをしながら、個性の違う子どもたちとふれあい、より楽しく、元気な生活を支援しています(品川区育成会運動会)。
・ 地域イベントへの参加
 地域のお祭りイベントのスタッフとして、住民とふれあうボランティア活動に参加しています。
・日本語ボランティアチューター
 日本に留学、在住している外国人とふれあい、日本語で会話することで、日本の習慣や考え方を伝え、慣れない日本での生活の相談相手となる活動に参加しています。
※地域との連携
 大崎事業所では、「品川区社会福祉協議会」「しながわCSR推進協議会」に加入して各種活動への参画を進めています。また、各社との情報交換を通じて得られるさまざまなボランティア活動情報を社内に展開して、自主的で積極的な活動を推進しています。
csr2015-22-4
品川区育成会運動会
●スポーツ振興支援(ボールルームダンス支援)
 人々の心に多くの感動を生みだすスポーツの振興と発展を応援するバルカーは、生涯スポーツとして幅広い世代に親しまれている「ボールルームダンス」への支援を行っています。 未来を担う子どもたちの健全な成長を応援し、世界に羽ばたく選手の育成のため、毎年8月に開催されるジュニア・ユース世代の全国選手権大会を協賛しています。
 その活動をさらに進化拡大させるべく、毎年11月3日(祝日)に開催され、世界選手権大会の日本代表選考会でもある「統一全日本ダンス選手権」の冠スポンサーとなりました。「バルカーカップ 統一全日本ダンス選手権」では運営面でも支援を行い、役員・社員合わせて57名のバルカースタッフがお客さまや選手へのおもてなしを体験することで、この機会に得られたおもてなしの精神を“顧客視点”の事業へ活かす試みを実施しています。
 これからも、長期的な視野でボールルームダンスの普及をとおして、健全な人づくり、健全な社会づくりへ貢献していきます。
csr2015-22-2
ジュニア入賞者への副賞授与
csr2015-22-3
バルカーカップ統一全日本ダンス選手権

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る