安全・品質への取り組み

バルカーグループは、お客さまに安心で安全な製品・サービスを提供するため、「製品とサービスの品質」「プロセスの品質」「組織の品質」「人の品質」の『4つの品質』を継続的に向上させるべく、さまざまな活動に取り組み、日々改善に努めています。
また、「安全衛生は全てに優先」するとの行動指針に基づき、安全ならびに衛生的な操業を行うための取り組みを徹底しています。

品質保証体制と方針

 グローバルな品質保証体制の一環として、グループ全体の品質全般を統括する「グループ品質保証委員会」を組織しています。メンバーは、国内外の生産子会社や販売子会社を管轄する事業部・本部をはじめとして、研究開発、経営管理、人材開発など、品質に関わる各部門責任者で構成し、その決定事項の具体的展開を指示すると同時に日々の実行に関して責任を持つことで、グループ全体の実効性を高めています。
 バルカーグループは、「品質方針」に基づいて関連する法規制を遵守するとともに、お客さまの要求に合致した品質で安全な製品とサービスの提供をするため、組織ならびに社員一人ひとりが具体的目標を掲げ品質向上活動に取り組んでいます。
csr2014safe20_1

品質マネジメントシステムの運営

 従来の生産子会社での認証取得に加え、営業部門を対象としてISO9001の認定を取得しています。これにより、グループをあげて業務品質の一層の向上を図っています。また、さらなる品質強化のために内部監査を積極的に展開するとともに、事業部門の品質管理部が生産子会社および製造委託協力会社に対して指導・監査を実施し、品質レベルの向上につなげるべく活動を推進しています。

次世代評価技術による安心・安全の提供

 シール製品を使用するお客さまの使用環境は多様であり、全てのお客さまを対象に評価・検証を行うことは、これまでは現実的に非常に難しいものでありました。この困難な課題に対して、FEA※を用いてお客さまの使用環境をコンピューター上で再現・検証する次世代評価技術の開発に取り組んでいます。この取り組みにより、これまで困難であった大口径装置、高温や高圧条件の検証が可能となり、お客さまにおける漏えいや破壊など、シール製品における不具合の原因究明や再発防止のための設計提案を行っています。今後もこの技術開発に積極的に取り組み、全てのお客さまの安心・安全に貢献していきます。
※FEA:有限要素解析
csr2015-19-1

バルカーグループ安全衛生の日

 5月18日を「バルカーグループ安全衛生の日」と定め、海外を含めたグループの全ての生産拠点、オフィスで安全衛生大会を開催しています。
csr2015-19-3

安全衛生推進活動

 2014年度は海外子会社で機器清掃中に重大災害が1件発生しました。このような重大災害の再発防止のため、リスクアセスメントならびにセーフティアセスメントによる予兆管理を徹底することにより、災害につながるリスクの発見・予防に努めるとともに、安全教育・訓練およびハードでの防御対策を実施し重大災害ゼロを目標とした活動を推進します。
 また、衛生・健康管理の啓蒙活動ならびに従業員の健康づくりにも注力し、安全・衛生の両面から健康的で明るい職場づくりを積極的に推進しています。
csr2015-20-1
  バルカーグループ安全衛生憲章  

バルカーグループは「安全衛生は全てに優先する」ことをグループ全員の共通認識とし、 一人ひとりの自覚と責任の下、グループ一丸となって安全衛生活動に取り組む

  バルカーグループ安全衛生方針  

安全衛生憲章に基づき次の方針を定め、現場においては、安全衛生活動を実践する


  • 5月18日を「バルカーグループ安全衛生の日」と定め、大会を実施し、社員の安全衛生に対する
      意識の高揚 および、無災害と心身の健康維持に向けての活動の起点とする
  • グループの安全衛生に関わる管理体制の強化、維持向上を図る
  • 安全衛生を確保するため、関係法令・社内の規則などを遵守するとともに、問題意識を持って
     迅速且つ的確な改善を行う
  • 徹底した教育訓練のもと、安全衛生に関するリスクの低減に努める
  • csr2014-21_1


    ①安全衛生意識の向上
     安全衛生意識を根付かせるため、朝礼時の唱和および注意喚起を行い、定期的にビデオ教材などによる安全衛生教育を実施しています。


    ②安全衛生パトロール・ヒヤリハット提案活動
     安全衛生委員によるパトロールを実施し、不安全作業や不安全箇所の抽出と対策、全員参加型のヒヤリハット提案活動による災害防止の意識の高揚を図っています。


    ③アセスメント活動
     生産現場および安全リスクのある部門を対象に、リスクアセスメントおよびセーフティアセスメントを実施し、優先度に従って安全対策を実施する活動を行っています。


    ④法令順守の徹底
     職場環境(安全・衛生)関係法規の周知と統制強化を図り、安全衛生体制に基づき、各事業所の責任者を明確化し、組織的に活動推進する体制を整備しています。



    csr2014-21_2


    ①作業環境の管理
     作業環境測定の法令周知および遵守の徹底をはじめ、トイレなどの衛生管理を含めた、健全で健康的な作業環境を維持するための活動を行っています。

    ②健康診断の実施
     海外駐在者の帰国時健康検査を含め受診率は100%となっています。

    ③インフルエンザ対策
     予防接種の奨励や感染予防策により、グループ全体で感染者の低減に努めています。

    ④喫煙対策
     社会的にも禁煙への気運が高まる中、健康リスクの低下を目指して、禁煙啓蒙活動を行っています。

    ⑤メンタルヘルスケア
     ストレスマネージメント検査が行える専門サイトを開設し、定期的な検査を継続して実施しています。また、相談窓口を設置し、相談やカウンセリングを気軽に受けられる環境を整えています。

    ⑥運動・スポーツの推奨
     身体活動・運動に対する意識向上を図り、運動習慣をもつことを推奨しています。

    ページの先頭へ戻る
    ページの先頭へ戻る