インフラートシール

インフラートシール

1. はじめに

 インフラートシール®はスライドドアやゲートなどの可動部分の隙間を有する個所に多く用いられているシール材で、内圧を供給することにより膨張し、シール相手面に対してコンタクトしてシールする特徴を有している。本報においては、より多くのお客様にご使用頂けるよう、製品紹介を行う。

2. インフラートシール®とは

 インフラートシール®は補強布入りのゴム、またはゴム単体によって構成された中空状で、使用方法、使用条件、使用目的によって円形状、額縁形状のエンドレス、及び直線形状に成形したシール材である。
 一般的なパッキン・ガスケット(O-RING、配管フランジガスケットなど)はシール材を圧縮した際に発生する反発力でシール性を付与させるが、インフラートシール®は中空部分に圧力を印加してシール材自体を膨張させ、印加した圧力で接触面圧を発生させ、流体のシールを行う画期的な構造のシール材である。(Figure1)
p19

3. インフラートシールの特徴

 インフラートシール®はそのユニークな機構により以下のような特徴を有しており、従来のシール材とは異なる特性を活かして、機器・装置の設計が可能となる。
3-1)面圧付加機能
   従来のパッキンのように外力によって締め付ける(圧縮する)必要が無く、インフラートシール®自体が膨張しシール面に対して面圧を発生させることが出来る。この機能により、シール材を外力で圧縮する必要が無く、シール面の隙間を保ったままで扉やシャッターを開閉させることができ、大きな駆動力や複雑な機構が不要となる。
3-2)シール面を選ばない
   自らが膨張してシール面に接触する構造で変位量が大きいため、従来のシール材(O-RINGなど)ではシール性能に影響が発生するようなシール面(扉やシャッターなど)に多少のうねりや凹凸(滑らかなもの)がある場合でも、良好なシール性能を発揮する。また、シール面が圧力や動きによって変動した場合でも、許容ストローク範囲内であれば追随が可能である。
3-3)クリープ耐性
   圧縮タイプのガスケット、パッキンと異なり、インフラートシール®はクリープ現象が発生せず、クリープ(圧縮永久歪み)に起因するシール性能の経時変化が起こらず、増締めは不要である。

4. 断面構造について

 インフラートシール®は内部の中空部分に圧力を供給して膨張させるシール部品である。標準品(標準断面)には①反転タイプ と ②膨張タイプがあり、各々の断面構造で膨張するメカニズムと特徴が異なり、各々にメリットデメリットがある。概ね反転タイプと膨張タイプの特性は相反することが多い傾向にある。(Table1)
p20.4

5. ラインアップ

5-1)サイズのラインアップ
   インフラートシール®は断面構造で反転タイプと膨張タイプの2タイプ、断面サイズでタイプA~タイプGまでの合計7サイズをラインアップしている。(Table2)
   本報では、断面サイズと適用可能なクリアランスサイズの紹介をする。インフラートシール®のラインアップはクリアランスサイズを基本としており、お客様で設計される装置のクリアランスに応じて選定することが出来る。
5-2)材質のラインアップ
   インフラートシール®は標準ゴム材質としてEPDM、CR、NBR、VMQを準備しており、このゴム膜をポリアミド、またはアラミドの繊維(織布)で補強する。圧力供給口金材質はSUS304が基本であるが、標準外として他の金属材質ででも製作可能である。インフラートシール®は中空を形成するためにエンドレス加工部(継ぎ目)にゴム製の芯を挿入して製造する。このゴム製の芯はNBR、EPDM、FKMで成形された物で、本体材質に応じて当社にて設定する。Table3にゴム材質と補強布材質のライアップについて紹介する。
p20.5
p20.5_2

6. おわりに

 本報ではユニークな機構を有する当社のインフラートシール®標準品を紹介した。本報によりインフラートシール®が広く認知され、お客様各位のお役に立てば幸いである。

7. 参考文献

1) 上田 彰,バルカー技術誌,No.17,8-15(2009)
p20

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る