ご挨拶「ステークホルダーの皆さまへ」

top

 バルカーグループは、1927年の創業以来、社名の由来でもある「Value(価値)」と「Quality(品質)」に対するあくなき追求を続け、工業用シール製品、ふっ素樹脂加工製品のパイオニアとして、日本経済の発展を支え、寄与してまいりました。

 現在、バルカーグループは、石油精製・石油化学・製鉄・エネルギープラント・自動車・油空圧機械・建設機械・半導体製造装置などさまざまな産業向けに配管・機器用シール材を扱う“シール製品事業”、ふっ素樹脂を軸に複数の機能を兼ね備えた製品を扱う“機能樹脂製品事業”、将来の成長が期待され、環境負荷低減に関連する“その他事業”の3製品事業を軸に展開しています。

 我々バルカーグループの社会的責務、それは事業環境変化や技術革新が加速する中にあっても、常に“顧客感動提供企業”として、そしてあらゆるステークホルダーから信頼をいただける企業であり続けることです。

 バルカーグループはその具現化に向け、“H&S企業”への脱皮を目指しています。 これまでお客さまが要求する技術力に裏づけされた製商品(H)を販売するだけでなく、お客さまと共にUnmet Needsを掘り起こし独創的な技術とサービス(S)を融合させることで、真のソリューション提供を行う“H&S企業”へ変貌をとげてまいります。

 新たな付加価値の創造、そして健全で持続的な成長を実現し、皆さまのご期待に応えてまいります。


ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る