バルカーの歩み

昭和2年1月 自動車および各種高速機械用ブレーキライニングの製造及び販売を目的として、大阪府中河内郡龍華町(現八尾市)に日本ブレーキライニング製作所を創立。
昭和7年4月 日本バルカー工業株式会社を設立。工業用パッキンの生産を開始。
昭和16年6月 航空機用合成ゴムパッキン、ジョイントシートの製造を開始。
昭和18年10月 日本金属衛帯工業株式会社を吸収合併し、燃料工業用金属ガスケットの製造を開始。
昭和27年2月 ふっ素樹脂の加工技術研究が完了、日本で最初の製品化。商品名を「バルフロン」として生産・販売を開始。
昭和37年9月 東京証券取引所、市場第二部に株式上場。
昭和44年7月 台湾に合弁会社、台湾バルカー工業股有限公司(現連結子会社)を設立。
昭和50年9月 東京証券取引所、市場第一部に株式上場。
昭和60年8月 福岡県嘉穂郡(現飯塚市)に九州バルカー株式会社(現連結子会社)を設立。
昭和63年7月 タイ国に合弁会社、バルカーインダストリーズ(タイランド)リミテッド(現連結子会社)を設立。
平成元年4月 岡福商事株式会社を吸収合併。
平成5年11月 奈良県五條市に奈良工場を新設。高機能ゴム製品の製造を開始。
平成7年8月 中国の上海市に上海バルカーふっ素樹脂製品有限公司(現連結子会社)を設立。
平成8年3月 奈良工場がISO9002の認証取得を受ける。
平成10年6月 米国にバルカーアメリカインク(現連結子会社)を設立。
平成12年3月 千葉県市原市に株式会社バルカーエスイーエス(現連結子会社)を設立。
平成12年3月 大成機材株式会社(現株式会社バルカーテクノ(現連結子会社))に資本参加。
平成12年3月 台湾の台北市に台湾バルカー国際股有限公司(現連結子会社)を設立。
平成12年11月 中国の上海市にバルカーシール(上海)有限公司(現連結子会社)を設立。
平成13年7月 奈良工場がISO14001の認証取得を受ける。
平成14年9月 中国の上海市にバルカー(上海)貿易有限公司(現連結子会社)を設立。
平成14年10月 奈良工場がISO9001の認証取得を受ける。
平成14年10月 生産部門(奈良工場)を分社型簡易分割により株式会社バルカー シール ソリューションズ(現連結子会社)を設立。
平成16年3月 韓国のソウル市にバルカーコリアカンパニーリミテッド(現連結子会社)を設立。
平成18年1月 機能樹脂製品事業と人材育成の中心拠点として東京都町田市にM・R・Tセンターを開設。
平成19年12月 本社を東京都新宿区西新宿から東京都品川区大崎へ移転。
平成20年4月 ベトナムのハイズオン省にバルカーベトナムカンパニーリミテッド(現連結子会社)を設立。
平成22年4月 飯田パッキン工業株式会社(現社名:バルカー・イイダテクノロジー株式会社(現連結子会社))の株式を追加取得。
平成22年9月 ダイキン工業株式会社と中国におけるふっ素樹脂事業で資本・業務提携。
平成23年12月 株式会社フジミファインテクノロジー(現社名:株式会社バルカー・エフエフティ(現連結子会社))の株式を取得。
平成25年3月 九州バルカー株式会社において、太陽光発電システムによる売電を開始。
平成25年4月 中国に伊ガニフロン社との合弁会社アドバンスト フロン テクノロジーズ(上海・現連結子会社)を設立。
平成29年2月 米国のニッシンゴルフコースト(現バルカーエヌジーシー(現連結子会社))の株式を取得。
平成29年11月 シンガポールにバルカーインダストリーズシンガポール(現連結子会社)を設立。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る