先輩社員にインタビュー

senpai1
【技術営業系】シール営業本部東日本営業部
 金 福(33歳)

【出身】山梨大学大学院 医学工学総合教育部・土木環境工学専攻 卒

これが私の仕事

プラントエンジニアリングメーカーや機器メーカーへの技術営業。

私の仕事は、おもに大手エンジニアリングメーカーの機器、配管、メンテナンス工事などで使っていただけるようにバルカー製品をPR・販売することです。
シール製品を利用いただく機会が多いプラント業界において、新規のお客様を獲得してシェア拡大するために、競合他社に先駆けてお客様のニーズを聞き出し、いかに適切かつタイムリーに対応していくかが、受注をいただくための最重要ポイントになります。
私は、今までの営業活動を通じて培った営業力を活かし、新規案件の受注確保に毎日取り組んでいます。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

競合との厳しい競争の中、売上4500万円の案件を受注したことです。

入社3年目の頃、海外向けプラント案件に挑戦しました。
これはヨーロッパ地区の案件だったため、ヨーロッパ市場での事業拡大のターニング・ポイントとなりうると感じました。
気合十分で挑んだものの、いざ始めてみると膨大な英文書類と、コスト、テクニカルなど問題が山積みでした。経験不足から最初は戸惑うばかりでしたが、上司や先輩のバックアップを得ながら問題をクリアし、役員や他部署を巻き込んで、最後は会社一丸で案件に取り組みました。その結果、受注を頂くことができました。
お客様からの「おめでとう!」の言葉に、10ヶ月間の苦労が駆け巡り、喜びと充実感で涙が出そうなほど嬉しかったです。チャンスを与えてくれた会社や先輩方への感謝の気持ちを忘れず、これからも挑戦を続けてバルカー製品を世界に広げていきたいと思います。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

積極的なグローバル展開の考え方と女性の登用に平等な姿勢を感じたため。

積極的にグローバル展開を行っていることと、女性の登用に平等な姿勢であることを会社説明会で感じました。
私は、日本の「ものづくり」の素晴らしさに惹かれて、日本の技術や製品を世界に広める「橋渡し」のような仕事がしたいという想いと、自分の武器としている語学力を活かせる企業はどこか、ということを中心に就職活動を行いました。
その中で、バルカー製品には長い歴史があり、私たちの暮らしに欠かせない物としてあらゆる場所に使用されていました。また、長い間培われてきた高い技術力でグローバル展開を追求していて、女性の登用に平等な姿勢が感じられたので、安心してしっかりと自分の語学力を活かしながら仕事ができると考えて、入社を決意しました。

先輩からの就職活動アドバイス!

自分のやりたい仕事や能力を生かせる環境を求め、じっくり自己分析することが就職活動で一番大事だと思います。
また、行き詰まった時は一人で悩まず、周囲に相談することも大事ですよ。それにより、自分と異なる観点から物事が見え、新たな発見や解決策が見出せることも多いのです。
目標を決めて、コツコツ努力していけば必ず自分にあった道が見つかると思います。
人生の大きな選択ですので、色々大変だと思いますが、悔いのないように今を精一杯頑張ってください。


ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る