人材への取り組み

国籍・性別・年齢などにとらわれることなく、それぞれが最大限の力を発揮できる職場環境づくりと、ワークライフバランスの実現に努めています。

MY VALQUA WAY

 グループ共通の企業理念「THE VALQUA WAY」を羅針盤にして、社員一人ひとりが仕事に対して問題意識を持ち、日々の業務に真剣に取り組んでいます。
 その実践内容を発表し共有する機会として、毎年、全世界の拠点から選ばれた代表者による「THE VALQUA WAY理解と実践活動の発表会」を開催。企業理念の理解と浸透を図るとともに、グループ社員の交流を通じてグローバルならびにダイバーシティマインドの向上に取り組んでいます。

人権の尊重

 国連「グローバル・コンパクト」なども踏まえ、2017年3月に「バルカーグループ人権基本方針」を策定しました。グループCSR推進活動の中で、人権基本方針の周知や理解度の確認、ダイバーシティの進捗状況に関するアセスメントをグループ各社に対して実施。結果を分析し改善することで、人権に対する意識向上とダイバーシティのさらなる推進を図ります。

ダイバーシティ

[職場環境づくり・各種制度]
多様な国籍を持つ社員が活躍できる環境づくり
 バルカーグループでは、外国籍社員の採用やグループ会社間での積極的な人材交流を行っています。例えば、海外赴任予定者への赴任前研修の実施、日本で働く外国籍社員への日本語教育のサポートなど、社員がグローバルに活躍できる環境づくりを推進。言語や文化の垣根を越えて協働する中で、多くの社員が新たな刺激や気づきを得ています。

障がい者雇用の促進
 地域との共生を目指し、地元の支援学校などから障がい者の企業実習を積極的に受け入れています。障がい者の方に働くことの楽しさや意義を伝えるとともに、入社後の職場定着と自立を支援しています。

性別を問わず活躍できる環境づくり
 性別に関係なく、多様な視点を取り入れることで、さらなるイノベーションの推進を図ります。特に、女性のキャリア開発と成長を支援するため、女性管理職比率の目標を定め、積極的な登用を行っています。

子育て・介護支援策の充実
 社員の柔軟な働き方を可能にするため、2018年10月より「育児のための有給特別休暇」「子どものバースデー休暇」「1時間単位の有給休暇取得制度」の新設に加え、介護休業の連続取得期間を最長3年に見直しました。また、休業中の社員に通信教育の受講を支援するなど、育児・介護と仕事を両立できる環境づくりを進めています。




持続的成長に向けた人材育成

 企業価値を形成する最重要項目が「人材育成」であるととらえ、経営戦略として取り組んでいます。 全社員がその持てる力を発揮できるよう、育成プログラムの充実を図っています。

[ 新入社員向け研修 ]
現場の学びに重きを置いたOJT
 新入社員研修では、バルカーパーソンとして求められる企業理念「THE VALQUA WAY」の理解やコンプライアンスに関する理解、製品知識などの必要な知識を身につけ、即戦力として活躍可能なプログラムを実施しています。
 机上の理論ではなく現場での実践を通じて、モノづくりのDNAを肌で感じ、画一的ではない個々の強みや個性に応じた研修によって、「THE VALQUA WAY」に基づき「、変化に柔軟に対応しながら、自ら考え、自ら行動し、完遂できる人材」を育成しています。

[ 目標管理と人事評価の仕組み ]
 社員個人の目標は年度方針や部門ミッションをもとに設定され、「THE VALQUA WAY」と階層別の「求められる人材像」に則って日々の業務に取り組んでいます。
 部署内の定期的な面談によりコミュニケーションを密にして、課題と改善点を明確化。より公正な人事評価制度を整備するとともに、バルカーグループの持続的成長に向けた人材育成につなげています。また、人事考課を行う管理職向けに、実践と組み合わせた研修も実施しています。

[ 次世代の経営幹部候補の育成 ]
 選抜した中堅社員を対象として、長期計画に基づいて経営幹部候補を育成。数年ごとにステップアップ・ステージを設定し、激変する次世代を担う経営幹部にふさわしいマインドとスキルを備えた人材育成を目指しています。

[ H&S企業化に向けた意識改革 ]
 バルカーグループの社会的責務は、事業環境の変化や技術革新が加速する中にあっても常に「顧客感動提供企業」として、あらゆるステークホルダーから信頼を寄せていただける企業であり続けることです。2018年度から開始した第8次中期経営計画(NV・S8)においては、グループのH&S企業への脱皮に向けた取り組みを加速し、新たな付加価値の創造、そして健全で持続的な成長の実現に努めていきます。
 その取り組みの一環として、「コア指導者」の育成をはじめとして、組織の階層ごとに段階的な落とし込みを行うことにより、組織全体に改革意識を浸透させ、グループ一丸となってステークホルダーの皆さまの期待にお応えしていきます。

[ 中国拠点における人材育成 ]
 2007年にグループ内最大の生産拠点である中国上海に中国人材開発センターを設立。中国での現地化を加速させるべく、地域特性に合わせた教育体制を構築しました。現地拠点の経営を担う人材育成のために「中国経営幹部研修」を継続的に実施し、知識や能力の「底上げ」とともに人材の「選抜」を行っています。2018年より「中国人材開発委員会」を設置して、人材開発に取り組む意識を醸成するとともに、現地で主体的に人材育成・教育を行える体制を整備しました。

[ 社内語学講座 ]
 社内講師による中国語・韓国語の語学講座を、入門コースや資格取得コースなど受講者のレベルに合わせて開催。また、語学学習支援制度としてオンライン英会話などを設け、社員の語学力向上に取り組んでいます。


ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る