ディスクロージャーポリシー

日本バルカー工業株式会社(以下「バルカー」といいます)は、以下の通りディスクロージャーポリシーを定め、当社およびグループ全体に浸透させ、株主・投資家の皆さまに対し、適時・正確かつ公平な情報提供の実践に努めてまいります。

1.ディスクロージャーの基準

バルカーは、証券取引法及び東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者による会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「開示規則」といいます)に沿って、情報開示を行なっています。また、当社では、開示規則の適時開示に該当しない情報であっても開示すべきと判断した情報は、本ホームページ上での公開など適切な方法により、公平に開示することがあります。

2.ディスクロージャーの方法

バルカーは、開示規則に該当する情報の開示に関しては、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報開示システム(TDnet)にて公開しています。TDnetにて公開した情報は、本ホームページにて速やかに掲載いたしますが、システム上の理由などにより、これら情報の本ホームページへの掲載が、TDnetにおける公開時期より大きく遅れることもございます。また、TDnetにて公開した全ての情報が、本ホームページに掲載されるものではありません。

3.業績に関する将来の見通し

バルカーは、業績に関する将来の見通しにつきましては、精度を高めるよう努めるとともに、見通しの変化が生じる場合には速やかに開示いたします。しかしながら、開示した情報につきましては、その時点において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績などは、様々な要因により開示内容と異なる結果となる可能性があります。また、開示された内容に基づいて被った損害について、バルカーは、責任を負うものではありません。

4.クワイエットピリオドについて

バルカーは、各四半期、中間期、通期の各決算期日から当該期の決算発表日までの期間を「クワイエットピリオド(IR自粛期間)」とし、株価に影響を与える情報の漏洩を防止するため、この期間中は、決算内容、業績や見通しなどについて特定の株主・投資家またはマスコミなどに対して言及及び回答することを控えさせていただきます。ただし、この期間内に判明した決算見通しと開示済みの決算見通しの間に開示規則に該当する変動幅が存在することが明らかになった場合には、開示規則に従い、業績予想修正として情報開示を行ないます。


ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る